ニュース NEWS

一覧に戻る

大会・イベント

【バスケットボール】FIBAバスケットボールワールドカップ2023 カウントダウンクロック除幕式

いよいよ来年の2023年8月25日(金曜日)よりFIBAバスケットボールワールドカップ2023が開催されます。大会1年前となった2022年8月25日(木曜日)に那覇市てんぶす広場でカウントダウンクロック除幕式が行なわれました。

▲オープニングアクト 現代版組踊チームの演技で華やかにスタート
▲獅子舞いに頭を嚙まれる三屋会長。獅子舞いに頭を噛まれると、ご利益がもたらされると言われています
▲ 三屋 裕子(みつや ゆうこ) 日本組織委員会会長より 
「FIBAバスケットボールワールドカップ2023大会は、大会史上初となる日本、インドネシア、フィリピンの三カ国による共同開催。世界トップレベルの選手をアジアに迎え、最高峰の試合をお届けします。来年の大会に向けて一緒に盛り上げていきましょう」とあいさつ
▲宮城 嗣吉(みやぎ つぐよし) 沖縄県文化観光スポーツ部長より
「FIBAバスケットボールワールドカップ2023の成功に向けて関係機関と緊密に連絡を取り合い、世界に沖縄の魅力を伝えたい」とあいさつ
▲ハイディ・シュ(Heidi Chu)スウォッチ グループ ジャパン取締役社長より
「FIBAバスケットボールワールドカップ2023カウントダウンクロック除幕式に立ち会うことができてよかった。大会の成功を祈っています」とあいさつ
▲いよいよカウントダウンクロックのお披露目へ
▲黄金のバスケットボールを公式マスコットJIPからミス沖縄、そして三屋会長へパス
▲シュートを合図に幕が降ろされました
▲カウントダウンクロックのお披露目と同時にカウントダウンがスタート
▲記念撮影
▲お披露目の後には、三屋会長と東京五輪銀メダリストのバスケットボール女子・馬瓜エブリン選手のトークショーが行われました
▲三屋会長より
沖縄でワールドカップ開催をすることについて「日本で素晴らしいアリーナができ、ほっとした。FIBAの招致時に沖縄の素晴らしさをPRした」と思い出を話してくださいました
▲エブリン選手より
沖縄でワールドカップ開催をすることについて「メディアの皆さん、沖縄でワールドカップが開催されることは大事件です。盛大に皆さんに届けていただきたい」「世界の素晴らしい選手が参加するので、沖縄の子供たちのレベルアップになる」と熱く語っていただきました

FIBAバスケットボールワールドカップ2023まであと1年!世界最高峰のバスケットボール選手のプレーが沖縄で観戦できる絶好の機会です。開催日までみんなで盛り上げていきましょう。

ピックアップニュース

  • 現在ピックアップはありません