Sports Islands OKINAWA スポーツコミッション沖縄 Sports Comission Okinawa 沖縄で合宿・大会をするなら、スポーツコミッション沖縄へ! 充実したスポーツ施設情報など豊富なコンテンツを紹介します。 メニュー

全国大会が何度も開催されている沖縄

1年を通しての温暖な気候に加え、白い砂が彩る美しい海岸を持つ沖縄県はビーチスポーツも盛ん。その中でもビーチサッカーは恵まれた練習環境を備えている注目競技の代表格です。

《インタビュー》ビーチサッカーチーム「ソーマプライア」代表兼監督 河原塚 毅さん

河原塚 毅さん

―沖縄におけるビーチサッカーの魅力を教えてください。

一番は1年中ビーサッカーが出来る暖かさ、あとは砂が白いのも大きなポイントです。県外のビーチは黒い砂の所が多く、夏は熱過ぎて足をつけていられません。そうなると県外では冬は寒い、夏は砂が熱過ぎてプレーできない所も出てきます。しかし、沖縄だと夏でも砂が白く熱を吸収するのでプレー可能です。そういった環境の良さは日本の中では突出しています。ビーチサッカーの街になれる可能性を持っているのが沖縄だと思います。

―沖縄にはビーチサッカーが出来る場所がどれくらいあるのですか。

現状ですと、北谷町のアラハビーチ、宜野湾市のトロピカルビーチ、西原町のきらきらビーチ、糸満市の美々ビーチ、豊見城市の美らSUNビーチにはゴールがあります。そしてビーチサッカーのコートを作ろうと前向きなコメントをいただいている自治体もあります。この競技特有のサイズであるビーチサッカーのゴールがしっかり用意してあり、県外から来てもらっても満足できるトレーニング可能な場所は少なくないと思います。

―上記のようなコートですが、県外の人達でも簡単に利用できますか。

この中には例えば1時間500円程度で普通のマリンスポーツを楽しむ形でコートを貸し出している所もあります。しっかりしているコートを借りてビーチサッカーが出来るのも魅力だと思います。例えば西原ですと、ゴールが常設されており、さらに一般の遊泳区域から離れた場所にあるので、一般の来訪者を気にせずにビーチサッカーに集中できる環境です。

基本的にコートは当日予約の場所が多いようですが、県外から来るチームといえば先行予約が出来るケースもあるようです。ただ、そうなると地元のチームが困るという場合も出てきますが、1つの所が1日中使うことは皆無なので、何とか調整する所は可能ではないでしょうか。

―練習試合を行いたい時は、どこでチームを探したらよいのか。そしてソーマプライアさんに相談することは可能ですか。

沖縄でビーチサッカーだけで活動しているのは、県内で数チームですが、私達のホームページを見て連絡をいただければご紹介いたしますし、私達も対戦をお願いしたいです。また、大人スクールという36歳から50歳くらいのおじさん年代の方に、ビーチサッカーを教えています。初心者のチームにはそういう方たちを紹介出来ます。もちろんビーチサッカーが出来るビーチの情報も連絡していただければ提供出来ると思います。

私たちは全国大会でも上位に入り続け、毎年、日本代表を複数輩出しているチームです。そして基本的には毎日、午前中に練習しており、その中で試合などに対応できます。自分たちと練習試合が出来ることを魅力に感じていただけたら幸いです。

―最後にビーチでのトレーニングは、通常のサッカー選手にとっても利点はあると思いますか。

ビーチでトレーニングすることは、サッカー選手にとっても体幹を鍛えるのに良いものではないでしょうか。また、ケガ上がりの選手たちにとって、ビーチは地面と違って反発がないので肉離れ、捻挫になりにくいことで良いリハビリにもなる。また、例えばシーズン始めでコンディションが上がっていない時期に、心拍系を鍛えるためのトレーニングには適しているなど、色々な使い方があると思います。

沖縄のビーチサッカー団体

ビーチサッカー年表 in 沖縄

2004年 ソーマプライア設立
2007年 第2回全国ビーチサッカー大会が宜野湾市トロピカルビーチで開催
2008年 第3回全国ビーチサッカー大会が宜野湾市トロピカルビーチで開催
2009年 第4回全国ビーチサッカー大会が宜野湾市トロピカルビーチで開催
2010年 第5回全国ビーチサッカー大会が宜野湾市トロピカルビーチで開催、ソーマプライアが初優勝
2013年 第8回全国ビーチサッカー大会が宜野湾市トロピカルビーチで開催

関連スポーツ施設の例

関連スポーツ施設はありませんでした