地域情報

与那原町

市町村概要

【地理的概要】
 与那原町は沖縄本島の東海岸南部に位置し、北緯26度11分44秒、東経127度45分25秒にあって県都那覇市から9㎞の地点にあり、東南に南城市、西に南風原町、北に西原町と3市町村に隣接している。町域面積は5.10㎢と沖縄本島の中で一番小さい町である。

【地域概要】
 人口は平成27年10月末現在、18,881人。2010年~2015年にかけて著しく人口が増加し、ここ5年間の人口増加率は12%で県内トップになった。

【歴史的特性】
 その歴史は古く、与那原の地で440年余り続いてきたと言われており、終戦直後に復興のシンボルとしていち早く復活させたのも大綱曳である。平成27年8月16日、戦後70周年の新たな節目として「大綱曳のまち」を宣言した。

【文化的特性】
 国際会議や商談会、コンサートなど、数千人から数万人収容規模のイベントを行うことができる大型MICE施設の建設が、平成27年5月22日に与那原町・西原町にまたがるマリンタウン地区に決定した。今後の東海岸地域の観光地としての発展が大きく期待されている。今後は29年度に工事が開始され、5年後の32年にオープンする予定である。

与那原町Webサイト

お役立ち情報

INFORMATION