地域情報

伊平屋村

市町村概要

【地理的概要】
本村は、沖縄県の最北端の有人離島で、那覇市より北方に117km、運天港より41.1kmに位置し、伊平屋島(面積20.59k㎡)と野甫島(1.06k㎡)の2つの島より構成されています。

【地域概要】
田名、前泊、我喜屋、島尻、野甫の5つの字よりなり、人口は1,388人、世帯数523世帯となっています。伊平屋島は北より後岳(231m)、前岳(178m)、腰岳(227m)、賀陽山(294m)、阿波岳(212m)の山々が連なり、島の約80%が山地で占められています。

【地域的特性】
本村は県内有数の稲作地帯と知られ、収穫前には黄金色になびく田園風景は古き良き時代の沖縄「原風景の里」を堪能できること請け合いです。

【歴史的特性】
又、本村は「民俗学の宝庫」と称され、数々の伝説、旧跡や祭祀が地域生活の中でもしっかりと息づき、県内に於いて、時代の流れの中で衰退・淘汰された伝統文化・芸能が形骸化・風化されず、昔の姿で数多く残っている島です。

【文化的特性】
他方、観光産業としては本年度より「伊平屋島観光協会」設立され、民泊による修学旅行、個人旅行の誘致に邁進しており、スポーツイベントとしては月夜に走る村内一大イベント「ムーンライトマラソン」を開催しており、全村民あげて参加者の受入を行っています。今年度より、村の自然資源を活用して、山林や、海岸線を走る「伊平屋ビレッジトレイル」を開催予定です。

伊平屋村Webサイト

お役立ち情報

INFORMATION